無料不動産投資セミナーへ参加して知識を深める

婦人

失敗しないためのポイント

マンション

地震が起きるリスクも頭に入れておこう

中古マンション投資をするポイントとして、自信へのリスクに対して強いか弱いかどうかを知ることが大切です。地震というのは一体いつ起きるのか分からないものです。日本で起きる自然災害の中でも、一番怖いものだといえるでしょう。地震の震度によっては、簡単に建物を破壊してしまう程大きいのもあります。また、二次災害として、津波が発生する可能性も十分にあるのです。家の古さによっては、あまり大きくない地震でも、簡単に建物が壊れてしまうことがあります。特に中古のマンションなどは、その築年数によって耐震設計されていないものがあるのです。そのような物件は、マンション投資するのに向いていないといえるでしょう。特に、昭和58年以降の物件を選ぶようにすれば、悪い物件に手を付けてしまう心配もありません。

地方の安い物件には気をつけよう

旧耐震基準と新基準があります。この新基準からは、耐震性能が一気に高くなります。ですから、地震によって倒壊する可能性も低いのです。投資をする時の鉄則としては、どれほどリスクヘッジができるかが重要なポイントとなります。ですから、適当にマンション投資をするなどはせず、ちゃんと情報収集をしてから、マンション投資をするようにしましょう。ちなみに、地方の中古マンションは、安いもので100万円で売りに出されています。しかしこのような安い物件は、まったく人が入居希望をしてくれないということがある理由で売り出されているケースがあるのです。ですから、もし安く購入できたとしても、空室だらけで全く利益が取れないということも珍しくありません。